永久脱毛は本当に生えてこなくなるのか?

永久脱毛は本当に生えてこなくなるのか徹底調査

最近は外に出歩いていると汗ばむわけではようになる季節となりました。一枚上着を脱ぐと薄着になりそろそろむだ毛の処理をしなくてはと去年までは焦っていましたが今年はまだ万全ではないけれど大丈夫。わきの脱毛は完了したのでいつでもノースリーブを着ることができるので夏が待ち遠しいくらいです。今脱毛をお考えの方は女性の方でしたらかなりいるのではないでしょうか。そこで私も脱毛を始める時に疑問に思ったことを調べてみました。

 

「永久脱毛は本当に生えてこなくなるのか?」

 

そもそも永久脱毛というのは必ずしも毛が生えてこなくなるということではないようです。脱毛するさいに使うレーザー医療機器や光脱毛器は日本では20年30年といった実績があるわけではないので実証されてはいないので永久脱毛とはいえないのです。ですが施術を数年前に終えた方々によると今はほとんど生えてこないという方もうぶ毛のような毛がすこしではるけど生えてきたという方もいらしゃいました。それでも自己処理もすることもなくなり楽になったという声がきかれました。

 

「レーザーや光の脱毛はどのようにしてむだ毛をなくしてしまうのか」

 

レーザーも光も出力は違うもののむだ毛の処理のしかたはほとんど変わりません。処理したいむだ毛の部位に照射する事によって黒い色素メラニンに作用し皮膚の毛根を攻撃して毛の再生をなくすという仕組みとなります。1回の施術では毛根を破壊する事はできないので次は毛周期に合わせての施術となります。毛周期とは毛も成長しては衰退します。成長しているときが最も効果的となります。レーザーの場合は出力が強いので光よりは回数が少なくて完了します。しかし脱毛の際には強い痛みを感じる事もあるようです。そして個人差もありますが施術した後は軽く火傷をしたようになるようです。しかしそのあとのケアがしっかりしていますので心配することはありません。光の場合は反対に痛みはほとんど感じる事はありません。しかし期間的にはレーザーよりも多く施術を受ける必要があります。

 

永久脱毛はをすれば自己処理をする必要がなくなるようです。脱毛をお考えのかた永久脱毛をしてみませんか。